ボディービルダーは足が遅い。だからウエイトで鍛えた筋肉は使えない?

こんにちは!!

ウエイトトレーニングで鍛えた筋肉は競技で使えない、ということをよく聞きませんか?

もしかしたら、これを読んでくれているあなたも、そう考えているかもしれません。 

 

短距離選手の中で結構有名なブロガー?であるぐ〇らという人の記事に、「ボディービルダーは足が遅い。ウエイトトレーニングは非効率なトレーニングだ。」なんて書いてありました。

 

それらの話についていろいろ思うことがあったので、記事にしていこうと思います。

 

 

ボディービルダーが速く走れない理由

ボディービルダーが速く走れない理由なんか簡単です。

速く走る必要がないからです。

 

走るのが速い人がボディービルダーになったら、ある程度走れるでしょうし、走れない人がボディービルダーになったらそれは速く走れるわけがありません。

 

 

競技によって「競技力」は違う

そもそも、スポーツ選手にとっての競技力と、ボディービルダーにとっての競技力は違います。

 

短距離選手にとっての競技力は、速く走ること。

しかし、ボディービルダーにとっての競技力は、左右対称で、大きい筋肉であること。

 

そもそも競技力の概念が違うので、短距離選手にとっての競技力が、ボディービルダーにあるはずがないわけです。

 

逆に短距離選手のトレーニングは、ボディービルダーから見たらきっと、競技力につながらない、って思われています(笑)

クウォータースクワットなんか特にそう思われてますよ(笑)

 

 

ウエイトトレーニングの目的は筋肉を太くすること

まず勘違いをしている人がいると思いますが、ウエイトトレーニングの目的は足を速くすることではなく、筋肉を太くすることです。

ウエイトトレーニングをする目的は速くなるためであっても、その行為自体は別です。

 

 

練習だって速くならない可能性はある

ウエイトトレーニングを頑張ったのに、足が速くならなかった。

そんな人はたくさんいると思います。きっとそういう人が、ウエイトトレーニングは無駄!競技力につながらない!!ってさけんでいるのだと思います。

 

しかし、走るなどの、普通の練習を頑張っても速くなれなかった選手も山ほどいると思います。

そういう人は、走っても足が速くならない!なんていいますかね?

言わないですよね(笑)

 

結局、ウエイトで成功しなかった人は、ウエイトのせいにしたいだけなわけです。

 

 

ウエイトはあくまでも補強

ウエイトで結果が出なかった!っていう人はウエイトトレーニングの効果に期待を持ちすぎだと思うんですよね。

 

初めにも書いた通り、ウエイトトレーニングの目的は、筋肉を太くすることです。

 

筋肉が太く、強ければ、発揮できるパワーも上がります。

そして、筋肉が太いということは、肉離れを起こしにくくなります。

また、上半身の筋力をつけることで、下半身との釣り合いが取れ、走りが安定するなんてことも望めます。

 

かなりいいことですが、ただそれだけです。

 

あくまでも、そのパワーや安定感を走りにつなげるのは、競技練習です。

 

ウエイトトレーニングは、その競技の動きに対する筋肉の補強でしかありません。

 

 

ウエイトばかりしていたって速く走れるわけがない

ウエイトトレーニングはあくまでも補強だといいました。

なので、ウエイトトレーニングばかりを必死に頑張ったって、それだけで足が速くなるはずがないんです。

 

パワーがもとより上がった分は速くなるかもしれません。しかし、大きな飛躍を目指すのなら、やはり根本的な動きなどの改善をしていくしかありません。

 

もしも、パワー不足だけが自分の課題だ!!って人ならいいですが、たぶんそんな人いないですよね(笑)

メインは競技練習です。

 

 

自分に必要なトレーニングを

ベンチプレスとスクワットだけしてればいいや!!って思っている人が結構多いと思いますが、自分に必要なトレーニングを選ぶことは大切です。

 

例えば、ハムストリングスをよく痛めてしまう、だから下半身を強化しよう!となっているのにベンチプレスをして仕方がないですよね(笑)

また、下半身のトレーニングということはスクワットだ!!と思いますが、残念ながらスクワットはハムストリングスへの刺激はあまりありません。

 

目的とトレーニング効果を照らし合わせ、必要なトレーニングを厳選していきましょう。

必要性の高くないトレーニングに体力を使ってしまってはもったいないです。その体力は競技練習へ向かせましょう。

 

 

 

まとめ

ウエイトトレーニングはあくまでも補強です。

ウエイトトレーニングに過度な期待を持っているから、ウエイトで鍛えた筋肉は使えない!なんていうことになるんです。

使いこなすのはあなたです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です