iPadmini5を一年使った感想【残念な部分もあるが、動画鑑賞に最適】

こんにちは!!

今日は、一年前に買ったiPadmini5のレビューをしていきます。

iPadの中では比較的安価で、手を出しやすいモデルですが、いい部分もあれば悪い部分もあるので、1年使って感じた部分をすべて書いていきたいと思います!!

 

 

付属品

ライトニングケーブル

圧倒的時代遅れのライトニングケーブルがありがたいことに付属しています。

 

充電アダプター

10wの変換アダプタもついてきます。

これは素晴らしいですね。

 

 

片手で持てるサイズ

サイズは203.2×243.8×6.1mmですが、ぱっと聞いてもわからないですよね(笑)

私はそこまで手が大きくはない男ですが、片手で持つことが可能です。

また、ケースをしていても持てないことはないので、片手で持ち運べる、といってもいいかと思います。

 

 

画面

全画面ディスプレイではない

なんと見ての通り、全画面ディスプレイではありません。

7.9インチディスプレイとなっています。全画面を求めている人からすると、残念な端末ですね(笑)

 

 

ホームボタンの指紋認証

ホームボタン廃止、フェイスidが主流となってきていた中、この端末はなんとホームボタンに指紋認証スタイルです。

私は開けやすいと感じるため、ホームボタンが好きなのでいいですが、これも人によっては残念なポイントかもしれません。

 

指紋を押し付けながら、ホームボタンを押すと、ロックが解除されます。

まあ認証スピードは速いので、特にストレスに感じることはありません。

 

ただ、少し手汗をかいていたりすると全く反応しないので、繊細な認証ボタンです(笑)

 

 

側面

充電はライトニング端子

下の部分は、充電ケーブルを指すと穴と、スピーカーになっています。

初めにも言いましたが、USBタイプCで統一がされてきている中、いまだにこのライトニング端子を使っています。

 

ケーブルをこれのために分けて使わないといけないため、本当に不便です。

充電スピードも遅いです。アップルはいつまでライトニング端子を使っているのでしょうか?(笑)

 

 

 

嬉しい3.5ミリジャック(イヤホンジャック)付き

大変うれしいことに、イヤホンジャックがついています。ここが時代遅れなのは本当にナイスな部分ですね(笑)

いちいちワイヤレスイヤホンをつなぐのは面倒くさいですし、音ズレなどもだるいので、やはりイヤホンジャックはないと困りますね。

 

動画鑑賞用としては、最高の一面です。

 

 

カメラ性能(動画がゴミ)

まあそもそもタブレットでカメラを使おうと思う人は少ないとは思いますが、動画が本当に使いにくいので気を付けてください(笑)

一応、タイムラプス、スロー、動画、写真、スクエア、パノラマと、様々な使い方ができます。

 

 

リアカメラ(外側)

800万画素のf値が2.4と、普通のカメラです。

最近のスマホカメラは1億画素だなんて物が搭載されているので、カスみたいに感じてしまいますが、普通に使う分には800万画素もあれば十分なので不便はありません。

しかし、ピントがちょっと合いにくいと感じるときがありますし、カメラ用として買うのは絶対にやめたほうがいいと思います(笑)

 

 

インカメラ(画面側)

700万画素のf値が2.2となっています。

mini4のときは、120万画素だったので、大幅にパワーアップしていますが、iPadのインカメラはマジで使うことがないので、意味なしですね(笑)

 

 

動画の画角が狭すぎる

初めに動画がゴミだといいましたが、それは画角が一気に狭くなるからです。

写真だとこの画角なのですが、

 

動画になるとこんなに狭くなります。どんだけ離れないとダメなんだよって動画を撮るときは思います(笑)

まあiPadで動画を撮る人はあまりいないので、そんなに気にする必要はありません!

  

 

 

ベンチマークスコアは46万点

簡単に言うとスマホやiPadなどの端末の性能を図るスコアなんですが、これは結構高いので、性能は低くないと思います。

一般的にスマホで35万点を超えると、ハイレンジだといわれているので、まあ悪くはない数字です。

 

 

iPhone11proMaxは53万点

ほかのアップルの端末のスコアですが、9位に位置しています。

なんとiPhoneに負けています。なにあんなちっちゃい機械に負けてんだよと思いましたが、値段が倍くらいしますので、そりゃ勝てないなって感じでした(笑)

値段は次に話します。

 

 

アップルペンシル(1世代だけ)が使えるようになった

mini4では使えなかったのですが、アップルペンシルがmini5で使えるようになりました!

なぜか1世代しか使えないという謎仕様ですが、これを使いたかったという人からすると超グレードアップですね!

 

アマゾンには安いものがたくさん

純正もいいですが、個人的にはアマゾンの安いやつでも全然いいと思っているので、金銭的にきつい人はこっちも探してみてください(笑)

種類がたくさんあって面白いですよ(笑)

 

 

 

値段はmini4から実質値上げ

ストレージ容量が64ギガバイトで45800円、256ギガバイトで62800円と、偏ったモデルしか販売されていません。

mini4は128ギガバイトだけが売られていて、45800円だったので、普通に値上げですよね。

まあカメラやアップルペンシルが使えるようになるなど、パワーアップした部分があるので仕方がないかもしれませんが(笑)

 

なにを考えたらこんなストレージ容量が偏るのかわかりませんが、映画をダウンロードしていっぱいみたい!!って人は256ギガのほうがいいかもしれません!!

 

テンポで買うと保険を付けましょう!とかいろいろ書かされたりめんどくさいので、アマゾンや他のネットで買うことを強くおすすめします。

 

 

純正ケースのスマートカバーはやめといたほうがいい

純正のスマートカバーというケースが売られているのですが、アップルで統一したいんだ!!って人以外はやめておいたほうがいいと思います

 

背面が裸

なんとケースは画面側にしかついておらず、背面が裸の状態になっています。

 

おそらく薄さをキープするためだと思いますが、カバーとしての機能が果たせていないと私は思うので、落としてしまった時などのことを考えると、やめたほうがいいと思います。

 

 

高い(5000円)

カバーに5000円も出す人がいますかね?

普通に高いですよね(笑)

アップルで統一したい人以外から見ると、高くてほかのにするわ、ってなると思います。

 

 

アマゾンのおすすめカバー

私も実際にこれを使っているのですが、これは背面もちゃんと守られています。

また、純正同様、マグネットで閉じるため、本体がスリープに入ったりするなど、純正よりも総合的にみると勝っていると思います(笑)

 

少し分厚くなってはしまいますが、しっかりと守られ、純正と変わらない性能を持っているので、とてもおすすめです。

値段はなんと半額以下です(笑)

 

 

 

たまに起こる不具合

iPadmini5がそうなのか、私の買った端末がはずれだったのかわかりませんが、ちょいちょい不具合がおこるので、それについても書いていこうと思います。

 

 

画面が横にならない

動画を見ていて、端末を横に倒しても、横画面にならない時があります。

それも結構な頻度でおこるので、結構気になります。

一度そのアプリを消して、もう一度立ち上げる等の対処をすると、問題なく動きます。

 

動画用としておすすめなのですが、動画を見るときに不具合が起こるので、困ったものです(笑)

 

まとめ

残念な部分も多いですが、普通に使いやすい端末なので、動画をいっぱい見たい人、小さめのタブレットが欲しい人には結構おすすめできます。

iPhoneを使っている人だと、エアドロップを使えたりするなどの利点はありますし、アップル好きにはもってこいですね。

 

一年使っても重くなったや、性能が落ちたなんてこともないので、やはりアップルは安定はしています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です