トレーニングに適したシューズ紹介【ランニングシューズはNG】

こんにちは!!

今日は、トレーニング(特に足トレ)に適した靴を紹介していきたいと思います!!

皆さんはトレーニングの時、どんな靴を履いていますか?

ランニングシューズや、クッション性に優れた靴を履いているのであれば、買えた方がいいかもしれません!!

 

 

トレーニングに適した靴とは

どんな靴がトレーニングに適しているといえるでしょう。

それは、

  • 靴底が薄い
  • 靴底が硬い
  • 滑らない

この3つを兼ね備えた靴です。

 

ベンチプレスなどの上半身のトレーニングの時は感じにくいかもしれません。

しかし、スクワットやデッドリフトなどの足のトレーニングをランニングシューズでやってしまうと、クッションの分沈んでしまったり、安定感が無かったり、地面に力を加えにくくなってしまいます。

 

 

トレーニングに適した靴紹介

それでは、上にあげた薄い、硬い、滑らないという3つを抑えた靴をいくつか紹介していきたいと思います! 

 

作業靴、足袋靴

こちらの記事でも書いていますが、作業靴、足袋靴は地面の異物を感じてしまうくらい薄く、またまったく滑りません。

靴紐がないためフィット感は弱いですし、見た目がダサいのでそれが残念なポイントですが、1000円程度で購入できることや、コンパクトで持ち運びやすいなど、それ以外の部分は最高です。

 

とにかく安く抑えたいという方は、おすすめです。

 

 

 

フットサルシューズ

フットサルシューズも、作業靴ほどではありませんが薄く、とても硬いです。また、これも滑らないので、安心してトレーニングすることができます。

こちらは作業靴と違って靴紐もあってフィット感を出せますし、いろいろな種類があるため、自分が好きなデザインを選んだりすることができます。

こちらのほうが圧倒的にかっこいいですし、モチベーションも上がるので、正直おすすめです(笑)

 

 

レスリングシューズ

このレスリングシューズは、作業靴並みに薄く、滑らなく、また靴ひもがありフィット感を出すことができる最強のトレーニングシューズだと思います。

フットサルシューズほどではありませんが、たくさん種類がありますし、好きなデザインを選んでモチベーションを高くトレーニングすることができます!!

 

履くのが少し面倒というデメリットもありますが、個人的には一番レスリングシューズがおすすめです!

パワーリフティングの選手でも履いている人がかなり多いことから、機能性に優れていることがわかります!!

 

 

 

クッション性の無いスニーカー

コンバースのオールスター、ナイキのエアフォースといった、クッション性がなく硬い靴は、トレーニングに実は向いています。

多くの人が、こういったスニーカーを持っていると思うので、新しく買うのが渋いという人は、家を探してみてください(笑)

おしゃれにトレーニングすることが出来ます(笑)

 

 

まとめ

正直、紹介した靴ではなくても、靴底が薄く、硬く、滑らない靴なら何でも大丈夫です(笑)

上半身トレーニングの時はいいですが、足のトレーニングの時は、是非靴を変えてみてください!!