坂ダッシュの良さ

よく坂ダッシュを練習でやりませんでした?

私は高校の時も、今もよくやっています。

坂ダッシュはどんな効果、目的があるのでしょうか。 

私の考えをまとめました!!

坂上りダッシュ

私の考える一番の目的は、

前傾姿勢を維持して走る。

ということです。

 

スタートの時、前傾姿勢で走りますよね。 

この部分の練習だと考えています。 

上りは前傾姿勢じゃないとうまく進むことができません。

上りが速い、という得意だという人は割とスタートも得意じゃないですか?

  

あと、普通に筋力、体力の向上を見込めます。坂を上るというのは、普通にパワーが必要になります。平坦な道よりも、坂のほうが心肺機能も向上します。

特に、体幹(腹筋、背筋などの腰回り)の筋肉に刺激が入ります。やった後、次の日とか結構その辺が筋肉痛になったりしますよね。

 

スタートの時いかに腹筋、体幹の強さが重要になるかわかりますね。

 

 

 

坂下りダッシュ

一番の目的は、スピード感に慣れる。

ということだと考えています。 

考えたらわかる通り、めっちゃスピードが上がります。 結構怖いです(笑) 

でも楽に進めます。 この楽に走ってスピードが出るという感じを体に慣れさせることって結構重要だと思います。

あと、足を引き付けるのがかなり早くなると思います。 足がかなり後ろのほうに流れやすくなるので。 

足が流れるってどういうこと?って人は、そのことについても記事を書いていくのでぜひ見てください(^^ゞ

 

下りをうまく走れるようになれば、足の引き付けが速くなった証拠かもしれません。

これは上りと同じですが、体力がつきますね(笑)

 

気を付けてほしいこと

やりすぎないことです(笑) 特にコンクリートの場合は。 足への負担が大きすぎます。 スネやひざなどに痛みを感じたらすぐにやめましょう。

あと下りの注意は、上半身がそったり、ビビッて腰を落としたりしないことです!!

そうなってしまうと、練習の目的と異なった効果になってしまうどころか、変な走り方になって怪我をする恐れがあります。

あと普通に転ばないように気を付けてください(笑)

 

 

自分の課題と今回の練習の目的が合っていたら、取り入れてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です